動物/恐竜/古生物/幻想動物フィギュア・ミニチュア・人形・写真を紹介・レビュー、猫の写真や動画も。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背に突起をもつイグアノドン類
オウラノサウルス  119 122 97
Ouranosaurus
フィギュア…シュライヒ(Schleich)
CIMG9038.jpg 


<データ>
分類…鳥盤目 鳥脚亜目 イグアノドン科
生息年代…白亜紀前期(1億1500万~1億年前)
体長…7m
体重…4t
Image
Youtube


<特徴>
オウラノサウルスはニジェールで2体発見されている。アフリカで発見された唯一のイグアノドン類である。
イグアノドンと同じように、長い鼻づらをもち、口先に角質のくちばし、親指のスパイクがあった。
目の間には一対の骨のコブがトサカをつくっていた。

イグアノドンと異なるのは、その背中から尾の半分ほどまで走る神経棘である。
この突起には皮膚が張り、帆のようになって、体温調節する働きがあった。
オウラノサウルスが住んでいた当時のニジェールは、炎暑の森林や湿地であった。
帆を持つことにより、空気にあたる表面積をふやし、その空気が帆に流れる血液から熱を奪うことで体温を下げる。

同じ時代、同じ地域に住んでいた
スピノサウルス同じような帆を持っていた。
どちらもこの地域に適応するために進化し身につけたものだが、異なる生物が同じような適応の仕方をとるのは面白い。


<参考文献>
恐竜博物図鑑 (ネイチャー・ハンドブック)
恐竜ファイル―先史時代の地球を闊歩した恐竜たちの驚くべき生態120種

★☆★☆★☆★★★☆★☆★☆★★★☆★☆★☆★★★☆★☆★☆★★
<フィギュア>

シュライヒの絶版である。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://animalfigure.blog94.fc2.com/tb.php/194-6351c2e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。