動物/恐竜/古生物/幻想動物フィギュア・ミニチュア・人形・写真を紹介・レビュー、猫の写真や動画も。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟の県鳥
朱鷺(トキ)  119 122 97
Crested ibis
Nipponia nippon
フィギュア…海洋堂
CIMG8527_picon000.jpg 


<データ>
分類…コウノトリ目 トキ科
生息年代…現代
体長…76cm
翼開長…1.3m
体重…1.5~2.0kg
Image
Youtube
★Link(朱鷺舞う空へ

<特徴>
 トキはコウノトリ目トキ科に属する鳥。
 1835年に、オランダの博物学者テミンクによって世界に紹介され、「Ibis Nippon」と命名された。Nipponと名付けられたのは学会で発表されたのが日本産の標本であったからである。
 かつては東アジアに広く分布していたが、19世紀後半から20世紀前半にかけて激減した。2008年8月現在、野生では中国
の陝西省洋県にのみ500羽ほど生息している。
 トキ科はくちばしの形により、トキ亜科とヘラサギ亜科に分けることができる。前者は、下方に曲がった長いくちばし、後者はしゃもじのような形状をとる。
 トキ科には23種あり、世界中に広く生息しているが、日本にはクロトキが稀に冬鳥として渡来するという。
 後頭部には長い冠羽がある。
 トキは繁殖期(1月~6月)は体の上部の色が灰色になる。これは、首筋から黒い粉状の分泌物が出て、それを水浴びなどの際に、自身ですりつけるためであり、羽毛が抜け変わるわけではない。このようなトキの羽の変色方法は鳥の中でも珍しいものであるという。
 繁殖期が終わると、羽毛が抜け変わり、全身が白くなる。トキの羽色は、いわゆる朱鷺色とよばれる美しい色をしている。

 飛翔方法もトキとサギ類は違い、サギ類は飛翔時に首をちぢめて飛ぶのが特徴である(参照;成城の動植物)が、トキは首を伸ばしたまま飛ぶ。
 また、トキは足が短いため、飛翔するときに尾の先から足が出ないが、クロトキは出る。
 トキの卵は、平均長径66mm、短径45mm、重さが70gで、灰色の地色に茶褐色の濃淡のある斑紋が散らばっている。

 ご存知のように、日本にいた野生のトキは絶滅し、現在、佐渡トキ保護センターで人工繁殖させているのは中国産である。
 日本のトキの変遷(Wiki参照)をまとめると…
 ・江戸時代…トキが多すぎて、田畑を荒らす害鳥として見られていた
 ・1925~1927…絶滅したと考えられていた
 ・1932~1935…佐渡全域で生息、約100羽
 ・1950…佐渡に24羽、隠岐のトキは絶滅
 ・1958…佐渡で6羽、能登で5羽
 ・1971…能登で最後の1羽が死亡、佐渡のみ
 ・1981…佐渡最後の5羽を捕獲し人工飼育開始
 ・2003…日本産最後のトキ、キンが死亡(36歳、人間でいえば100歳相当)
 
 1999年に日本産トキと同一種の中国産トキ、「友友」と「洋洋」が贈呈され、人工繁殖が開始される。同年に、「優優」が誕生し日本初の人工ふ化。2008年、現在では飼育数は100羽を越え、人工繁殖は順調に進んでいる。
 2008年9月25日、10羽のトキが放鳥される(ニュース)。


<参考>
朱鷺(トキ)と共生する里山作りが離島を救う


<写真>
 

CIMG1608.jpg

CIMG1609.jpgCIMG1613.jpg
トキの骨格
CIMG1602.jpg
(トキの卵)
CIMG1635.jpg
(クロトキ)
佐渡トキ保護センター


★☆★☆★☆★★★☆★☆★☆★★★☆★☆★☆★★★☆★☆★☆★★
<フィギュア>
 "1/35"としてはかなりでかいので遠近法を利用した

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://animalfigure.blog94.fc2.com/tb.php/173-bdbb565c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。