動物/恐竜/古生物/幻想動物フィギュア・ミニチュア・人形・写真を紹介・レビュー、猫の写真や動画も。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 日本にいたゾウ 
ナウマンゾウ  119 122 97
Palaeoloxodon naumanni 
フィギュア…野尻湖ナウマンゾウ博物館(1/35)  
CIMG4347_20080929001418.jpg              
<データ>
分類…ゾウ目 ゾウ科
生息年代…30万~2万年前
 

カンブリア紀オルドビス紀シルル紀デボン紀石炭紀ペルム紀三畳紀ジュラ紀白亜紀暁新世始新世漸新世中新世鮮新世更新世完新世

体長…5~6m
体高…2.5~3m
体重…4~5t
Image 
★Link(巨大動物図鑑

CIMG4348.jpg

 

<特徴>

 ナウマンゾウは約40万年前の氷河期から2万年前まで、日本に生息していたゾウの一種である。

 ナウマンゾウを研究していたナウマン博士にちなんで名付けられた。ナウマンは、ナウマンゾウをインドのナルバダゾウと同じ種類だと発表していた。これらが違うものだと発表したのは槙山次郎博士であり、(参照;学問のアルケオロジー) 槙山博士は、ナウマンゾウをアジアゾウのElephas属に分類した。しかし現在は、アフリカゾウのPalaeoloxodon属に分類されるのが一般的なようである。
 
 ナウマンゾウは、現在生存している、アジアゾウアフリカゾウとは全く別のゾウで、マンモスとも異なる。
 ナウマンゾウは、日本列島が大陸と陸続きだった頃に、大陸から渡ってきて、日本各地に生息していた。
 ナウマンゾウのもっとも特徴的なのは、ベレー帽のようなでっぱりのある頭蓋である(下写真参照)。鼻の付け根の穴が高い位置についていて、左右の牙が外側にむかっているのも特徴。
 肋骨も現生のゾウと異なり、アジアゾウの肋骨は後ろの方が湾曲、アフリカゾウのそれは前の方が湾曲しているが、ナウマンゾウの肋骨の湾曲は前後で大きな違いがないと言われている。
 また、牙も、アジアゾウアフリカゾウに比べると大きく、ねじれ曲がっている。見つかっている最大の切歯は2mを越えるものもある。

 ナウマンゾウが絶滅した理由はわかっていないが、バラバラにされたナウマンゾウの骨や、多く出土されるゾウ狩りの石器から考えると、当時の人類によって積極的に狩られていたことがわかる。その人類のオーバーキル(大量殺戮)によって絶滅した可能性は高い。
 日本には200万~500万年前にもシンシュウゾウアケボノゾウなどの古代ゾウも繁栄していた。これらはナウマンゾウの直接の先祖でなく、ステゴドン類の一種である。


<ゾウの進化(見にくい

約5000万年前―                ?
                          |      \ フォスファテリウム
約4000万年前―               フィオミア    モエリテリウム(メリテリウム)
                           |
約2500万年前―          ゴンフォテリウム     
                  /     |     |      |     \
           メリディオナリスゾウ プラフニンフゾウ                 ステゴドン科                                                                   |          |                     
(シンシュウゾウ)
             マンモス       ↓         ナウマンゾウ               (アケボノゾウ)
                                                   アジアゾウ                    アフリカゾウ
                       






<化石・写真>

CIMG3795.jpg
館内の復元模型

CIMG3702.jpg
国道沿いにある復元模型

CIMG3711_20080929000904.jpg
骨格

CIMG3759_20080929001041.jpg

頭蓋(6アジアゾウの頭蓋

CIMG3715_20080929001814.jpg

2mを越す巨大な牙(左切歯)

CIMG3720.jpg
ナウマンゾウの臼歯
(野尻湖ナウマンゾウ博物館)

★☆★☆★☆★★★☆★☆★☆★★★☆★☆★☆★★★☆★☆★☆★★
<フィギュア>
 野尻湖ナウマンゾウ博物館に売っていたもの。
 「売ってるわけないだろなぁ」とおもいつつ行ったら"1/35"フィギュアが売っていた。
 他にももっと小さいもので、いろんなゾウのフィギュアが売られていた。
 シンシュウゾウ、アケボノゾウの"1/35"スケールフィギュアもどこかに売ってないだろうか。
 熊本市立熊本博物館滋賀県立琵琶湖博物館多賀町立博物館狭山市立博物館、作ってください。お願いします。買いに行きますので。

 

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://animalfigure.blog94.fc2.com/tb.php/172-31c6cecf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。