動物/恐竜/古生物/幻想動物フィギュア・ミニチュア・人形・写真を紹介・レビュー、猫の写真や動画も。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
額に2本の角を持つ謎の動物
アルシノイテリウム 119 122

Arsinoitherium
フィギュア…サファリ Safari アルシノイテリウム

アルシノイテリウム
<データ>

分類…重脚目
生息年代…始新世(4000~3000万年前)

カンブリア紀オルドビス紀シルル紀デボン紀石炭紀ペルム紀三畳紀ジュラ紀白亜紀暁新世始新世漸新世中新世鮮新世更新世完新世
体長…350~400cm
肩高…210~180cm
体重…1.5~2t
Google image
Youtube

<特徴>
 アルシノイテリウムは、額に2本の角を持つサイに似た生物である。北アフリカから西アジアにかけて広く生息していた。
 巨大な角のために前方が見えなかったと考えられる。角は皮膚で覆われていて、サイとは異なり骨質で、中は空洞になっていたため見た目ほど重くはなかった。足は前後ともに5本指で、先には小さな蹄があった。
 歯は哺乳類の原型に近い44本あり、特殊化していなかった。
 生態はカバに似ていて、海辺で生活していたと考えられる。しかし、類縁関係はカバやサイとは低く、ゾウなどに近いとされる。体は大きいが、現代の同体重の野生動物に比べて脳が単純で小さかった。 
 エンボロテリウムやウィンタテリウムといった、サイとは類縁関係がないがサイに似た動物がたくさん現れている。これらも"1/35"スケールでフィギュア化されないものだろうか。

<化石>
アルシノイテリウム 

5アルシノイテリウム骨格
(上野科学博物館)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://animalfigure.blog94.fc2.com/tb.php/154-7fc0d282
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。