動物/恐竜/古生物/幻想動物フィギュア・ミニチュア・人形・写真を紹介・レビュー、猫の写真や動画も。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背に帆をもつペルム紀最強の動物
ディメトロドン    119 122 97
Dimetrodon
フィギュア…4Dパズル恐竜全集 
 CIMG8548_picon000.jpg 
<データ>
分類…単弓綱 盤竜目 スフェナコドン科
生息年代…石炭紀後期~ペルム紀前期(2億8000万~2億5000万年前)
カンブリア紀オルドビス紀シルル紀デボン紀石炭紀ペルム紀三畳紀ジュラ紀白亜紀暁新世始新世漸新世中新世鮮新世更新世完新世

<データ>
体長…0.5~3.5m
帆の高さ…180cm
体重…200kg
Google image
Youtube 


<特徴>
 ディメトロドンは背中に帆を持つ、ペルム紀前期に繁栄した当時最大の肉食爬虫類であった。
 恐竜に似ているが、恐竜が誕生するはるか数千万年前に地上を席巻した巨大爬虫類で、むしろ我々哺乳類の先祖に近い哺乳類型爬虫類単弓類)である。たいていの爬虫類はどの歯も同じような形をしているが、ディメトロドンの歯は哺乳類と同じく、形の異なる歯を持っていた。肉を食いちぎる切歯と呼ばれる前歯と、細かく切り刻むための犬歯である。

 ディメトロドン最大の特徴である帆は体温調節に用いられた。冷血動物である彼等は体表面積の半分近い帆により太陽熱を吸収することで、代謝を活発化させ、他の動物より早く活動できたと考えられる。帆があるのとないのでは、体が同程度温まるのに2倍も時間が違ってくるという。

 BBCの「ウォーキング with モンスター」では、非常にリアルなディメトロドンが描かれた。
 また、同時期には、ディメトロドンとよく似たエダフォサウルスが生息していた。こちらはディメトロドンと違い草食性であったと考えられ、史上初の植物植生有羊膜類であるとされている。



<写真>

CIMG3688.jpg 
ディメトロドン
CIMG3687.jpg
エダフォサウルス

国立科学博物館

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
<フィギュア> 
 ディメトロドンは割と有名で、ミニフィギュアでなら、結構立体化しているようだ。しかし、ほとんどが「恐竜」のように記載されている。一番、出来がいいのは、セブンイレブンで見つけた「4Dパズル恐竜全集」。でも、ディメトロドンは恐竜ではない。
 なお、ブリーランドは"1/30"スケールのエダフォサウルスも出しているが、国内では入手は困難かと思われる。

▼海洋堂(チョコラザウルス)のディメトロドン 

38楽天でディメトロドン関連の商品を調べる。 

CIMG9036.jpg

▼Bullylandのディメトロドン 
 CIMG9037.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://animalfigure.blog94.fc2.com/tb.php/135-7f1106f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。