動物/恐竜/古生物/幻想動物フィギュア・ミニチュア・人形・写真を紹介・レビュー、猫の写真や動画も。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ジュラ紀の暴君
アロサウルス   119 122 97
Allosaurus
フィギュア…ブリーランド
<データ>
日本語別表記…アッロサウルス
分類…恐竜 竜盤目 獣脚亜目 カルノサウルス下目 アロサウルス科

カンブリア紀オルドビス紀シルル紀デボン紀石炭紀ペルム紀三畳紀ジュラ紀白亜紀暁新世始新世漸新世中新世鮮新世更新世完新世

生息年代…1億5000万年前(ジュラ紀)
体長…7.5~12m
体重…2~3t
速度…34~64km/h?
Google image
Youtube 

<特徴>
 アロサウルスはジュラ紀最強の肉食恐竜であった。1927年にユタ州の採石場幅広い年代のアロサウルスの化石が40体以上発見された。おそらく、泥の中にはまって動けなくなった草食恐竜を狙い、自身も身動きとれなくなって死んだのだろう。次々と別のアロサウルスや他の捕食恐竜がやってきては泥の中で溺死したようだ。
 アロサウルスの特徴は目の上の目立ったトサカにある。これはディスプレイに用いたとされるため、復元図では目立った赤に塗られているものも多い。
 また、アロサウルスの頭がい骨は面白く、頭骨間の関節が伸縮できるだめ、顎が左右にずらしてさらに大きく開けることができたという。
 アロサウルスは9~12mの表記が多いが、サウロファガナクスエパンテリアス等のアロサウルス科に含まれる大型種が存在し、平均的個体は8~9m程度だったようだが、まだ議論が続いている(参照)。
 アロサウルスはティラノサウルスによく似ているが、直接の祖先はではない。バラエティに富んだ一族となり、様々な戦略でジュラ紀を生き抜いた。サイズもさまざまである(参照)。
 最大の肉食恐竜とされるギガノトサウルスもアロサウルスに近縁であるし、背中に長い棘状の突起をもつアクロカントサウルスもこの科に含まれる。白亜紀には小型化し、南極圏にあったオーストラリアに住んでいた。
 アパトサウルスやディプロドクスなどの大型の草食恐竜も群れで襲ったと考えられている。

 アロサウルスのフィギュアは同じ恐竜とは思えないほど各社かなり異なり、それぞれ独自の雰囲気をだしている。

<化石・写真> 32アロサウルスの腕の化石
CIMG4098.jpg  
(フォッサマグナミュージアム)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

<フィギュア>
サファリ
 サファリ社製アロサウルス。色とポーズはよいが、頭部がやや華奢なイメージ。色合いだけBBCの「ウォーキング with ダイナソー ~驚異の恐竜王国~」のアロサウルスに似ている。
サファリ アロサウルス
 





シュライヒ
 獰猛さよりも不気味さが感じられる造形。NHKの「恐竜VSほ乳類 1億5千万年の戦い」に出てきたアロサウルスに似ている。
シュライヒ アロサウルス





●ブリーランド
 色がやや派手だが、造形とサイズは一番よい。色がもう少し落ち着いていたら、個人的にさらに高評価なのだが…。
アロサウルス ブリーランド




●フェバリット
 トサカがやや不自然な気もするが、色合いが良い。1/50スケールなのでやや小さい。目がなんかエロい。
フェバリット アロサウルス  




●パポ(2008.7発売)
 アロサウルスフィギュアの中で特に人気が高い。アゴが可動。他社製のアロサウルスにくらべれば、かなり荒々しい造形で、凶悪な面構えをしている。やや怪獣チックで、同社のスピノサウルスヴェロキラプトルと同様にジュラシックパークの影響が強い感じがする。迫力があって、カッコいいが、リアルさの面で若干好き嫌いが分れるかもしれない。
 

パポ アロサウルス





シュライヒ(2008.9発売) ニューバージョン
 獰猛さ、不気味さ、迫力という点において完成度が非常に高い。同時に発表されたスピノサウルスもとてもいい出来。造形はBBCの「ウォーキング with ダイナソー ~驚異の恐竜王国~」のアロサウルスに似ている。
シュライヒ アロサウルス

 




他にもフェバリットのターシックモデルメタルモデルシュライヒの小モデルがある。
 

ターシックモデルのアロサウルス


38楽天でアロサウルスのフィギュアを見る


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://animalfigure.blog94.fc2.com/tb.php/131-9766e104
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。