動物/恐竜/古生物/幻想動物フィギュア・ミニチュア・人形・写真を紹介・レビュー、猫の写真や動画も。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐竜の王
ティラノサウルス  119 122
Tyrannosaurus
フィギュア…FAVORITE COLLECTION
 




<データ>
日本名…チラノサウルス、ティランノサウルス
分類…恐竜・竜盤目・獣脚亜目・コエルロサウルス下目・ティラノサウルス科
生息年代…6800万~6500万年前(白亜紀後期)
カンブリア紀オルドビス紀シルル紀デボン紀石炭紀ペルム紀三畳紀ジュラ紀白亜紀暁新世始新世漸新世中新世鮮新世更新世完新世
体長…12~14m
体高…4~5m
体重…5~7t
時速…28.8~55km/h
咬合力…3~8t
Google image
Youtube 


<特徴>
 説明するまでもなく、ティラノサウルスは恐竜の中で最も有名なものの一つ。
 映画"
ジュラシックパーク"でも登場し、人間の脅威として描かれた。
 巨大な頭部を持ち、強力な顎の力で獲物を骨まで噛み砕く。その力は、地球生物史の中でもトップクラスだと考えられている。ティラノサウルス以外には、クロノサウルス、ダンクルオステウス、デイノスクスなどが強力な顎の持ち主だが、どれが一番強いかは意見が分かれる。
 ティラノサウルスで、よく議論になる話が、「ハンターかスカベンジャーか」「どのくらいの速さで走れたのか」ということである。前者は「ハンターでもあったし、腐肉も食べた」というのが一番もっともらしい推論である。
 後者は最近の見解では、マンチェスター大学のビル・セラースがティラノサウルスの筋骨格のコンピュータモデルを作成し、走行のシミュレーションを行った結果、「時速30kmくらい」と割り出し、ニュースにも取り上げられた。バッカー(1975)は、時速68km、サルボーン(1982,1990)は時速23km、ドナルド・ヘンダーソン(1999)は時速18kmと出している。2002年のニュートンには45~50km/hと出ている。 
 いずれにせよ、今後の研究で、またガラリと変わったり、さらに新たな興味深い事実がわかってくるだろう。

 ティラノサウルスは恐竜の中でもっとも脳が大きく、体重5000kgで200kg(体重比0.0033%)である。同体重のアフリカゾウの脳は5500g(体重比0.085%)である。体重200kgのライオンで約260gである。
 
 ティラノサウルス関連の話で、近年もっとも興味深かったのは、ティラノサウルスは、羽毛恐竜のディロングの子孫であり、子供時代には羽毛があったということだ。この羽毛はもちろん飛翔のためではなく、保温効果が主だったと考えられている。だから、巨体である大人のティラノサウルスは、かえって熱がこもってしまうため、大人には羽毛はなかったという。
 また、群れで生活をし、家族で暮らしていたとも言われる。NHK『恐竜VSほ乳類 1億5千万年の戦い』では、かなり戦略的な方法で狩りをしていたと紹介されていた。
 ティラノサウルスは、面白いことにワニよりも哺乳類に近い成長をする。15歳くらいから成長のピークを迎え、5年ほどで急激に成長し、そのあとは成長は緩やかになる。10歳で約500kg、15歳で1.5t、20歳で5tくらいになる。この15歳くらいのティラノサウルスは、まだまだ足が速かったと思われ、彼らが獲物を俊足で追い詰め、大人のティラノサウルスがそれを待ち伏せ、一気に顎で噛み砕く…というものであった。さすがにどこまで事実なのかはわからないが、これまでのティラノサウルス像を改める面白い事実がどんどんわかってくるだろう。

 
<化石>
タルボサウルスタルボサウルス
アジアのティラノサウルスとも呼ばれるタルボサウルスの化石(恐竜大陸2008)
ティラノサウルスとの共通点も多いが、上腕骨と大腿骨の比率の違いや頭骨の特徴の違いがある。
 CIMG3650.jpg  CIMG3644.jpg
顎の力は3~8tとも言われる
CIMG3667.jpg
ティラノサウルスの小さい手
(国立科学博物館)
ティラノサウルスとの共通点も多いが、上腕骨と大腿骨の比率の違いや頭骨の特徴の違いがある。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
<写真>

38 このフィギュアを楽天で見る

 私が動物フィギュアに興味をもったきっかけがこの、フェバリットのティラノサウルスだった。
 他のメーカーのものも、各社それなりの持ち味をだしていていたのだが、価格が一番高いにもかかわらず、躍動感と迫力、それにスタイルが自然な感じですぐに気にいってしまった。
 このティラノサウルスを見ていると、肉食恐竜が進化の果てに得た肉体が洗練された造形的な美しい芸術を感じずにはいれられない。
 ティラノサウルスのフィギュアは数知れない。
 大きなものに絞ると、サファリ(Safari)は、造形はいいのだが、口の中がちょっと雑かもしれない。シュライヒ(Schleich)パポ(Papo)も相当クオリティが高く人気も高いが、この価格もなかなかに高い。
5
 フェバリットは、デスクトップモデルの他にもメタルモデルターシックモデルスケルトンモデルソフトモデルスカルモデルなどいろいろなモデルを揃えている。特にスケルトンはかなり精巧だ。


CIMG4107.jpgCIMG4108.jpg

33ソフトモデル33ビニールモデル33フェバリット ターシックモデル

 欲しいものは1/10スケールの組み立て型骨格モデル。写真を見る限り、質感もでているしかなり精巧そうだ。クオリティとスケールから考えれば結構リーズナブルな価格だ。だが、置く場所に困りそう。
CIMG3880.jpg   5ティラノサウルス1/10スケール模型(フォッサマグナミュージアム

  
 
 
その他、恐竜大陸に売っていたティラノサウルスのフィギュア。
枚挙にいとまがない。
 

ティラノサウルス関連のフィギュア・書籍など
" + __flash__argumentsToXML(arguments,0) + "")); }">
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://animalfigure.blog94.fc2.com/tb.php/115-ea2886af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。