動物/恐竜/古生物/幻想動物フィギュア・ミニチュア・人形・写真を紹介・レビュー、猫の写真や動画も。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白銀の妖精 
カイコ   119 122 97
Silkworm 
Bombyx mori
 ●13  
<データ>
分類…昆虫綱 鱗翅目 カイコガ科 カイコガ属
生息年代…現代
体長…3cm
Google image

<写真>
幼虫の写真

成虫の写真

●w、背●、斜め前●12

<特徴>
 戦前の国力を支えたカイコ。養蚕業がなければ、今の経済大国日本はなかったに違いない。
 カイコは野外では生活できず、完全に人間の手を借りなければ生きていくことはできない弱い生物だ。肢の力も弱く、行動力も低い。桑しか食べない上に、清潔好きで、飼育箱が汚れると病気になりやすくなる。
 食欲は旺盛で、卵から孵った1令幼虫は1mm程度だが、20日前後で4回脱皮し、体重約10000倍にまで成長する。このあと繭に包まれ蛹となり、やがて繭を溶かして成虫となって出てくる。完全変態の昆虫にはみな言えることだが、幼虫の時とは想像できないほどダイナミックに外見と組織が変化する。幼虫の体を構成していた器官がいったん分解され、再構成されるためである。
これは、幼虫時は食事のみに特化し、成虫時には交尾と産卵に特化するための戦略だと考えられる。
 
繭は触ればわかるがかなり丈夫で、非力な成虫がどうやってここに穴を開けるのだろうと思っていたが、この繭はカイコの分泌するアルカリ性溶液で溶かすことができる。
 成虫の翅は退化して飛ぶことができない。口も退化しており、成虫は何も食べずに交尾産卵だけして死んでいく。


★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★
38カイコに関する商品を楽天で見る

スポンサーサイト

史上最大の節足動物
プテリゴトゥス  119 122 97
Pterygotus
フィギュア…海洋堂 ダイノテイルズ7 恐竜模型図鑑


プテリゴトゥス


<データ>
分類…節足動物 鋏角亜門 広翼網・ウミサソリ目
生息年代…4億年~3億9000万年前(シルル紀)
体長…200~230cm
Google image
Youtube 38楽天でウミサソリの商品を調べる

カンブリア紀オルドビス紀シルル紀デボン紀石炭紀ペルム紀三畳紀ジュラ紀白亜紀暁新世始新世漸新世中新世鮮新世更新世完新世

<特徴>

 ウミサソリ類のプテリゴトゥスは史上最大の節足動物である。ウミサソリ類は5~10cm程度の種も多かった。サソリやクモを含む鋏角類に属している。プテリゴトゥスは1対の大きな目と小さな目、6対の付属肢、12枚の節片を持っていた。ウミサソリは4億8000万年前に誕生し、海水域から淡水域まで非常に広い範囲にわたり繁栄し、簡易的な肺で陸上に進出した種もいたが、2億1000万年前に絶滅した。現在生き残っている近縁種はカブトガニである。

32カブトガニ (左)1億5000万年前のカブトガニの化石/(右)現在のカブトガニ
kabutogani.jpg 
フォッサマグナミュージアム

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。