動物/恐竜/古生物/幻想動物フィギュア・ミニチュア・人形・写真を紹介・レビュー、猫の写真や動画も。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不死の使途
ゾッド  119 122 
Zodd
フィギュア…ART OF WAR ベルセルク ゾッド~断罪の塔~ フィギュア
CIMG8418_picon000.jpg 
身長…3~5m
開翼長…6~10m
Google image
Youtube


ゾッド
 漫画ベルセルクに登場する人外の怪物。
 『「不死のゾッド」の異名を持つ新生鷹の団幹部の1人。傭兵の間では軍神とされており、知られる武勇伝の中には100年前のものもあり、本人も「300年以上に渡り殺戮を重ねてきた」と言う。(中略)
 人間形態は極めて頑健な体格をしたガッツ以上の巨漢で、身幅が広い大振りの刀を好んで使用する。使徒形態は牛の角と蹄、獅子の口と前肢、蝙蝠の翼を持った人型の黒い巨獣というキマイラのような化物である。特殊能力な力は無いが、使徒の中でも屈指のパワーとタフネスを誇り、髑髏の騎士とも対等に渡り合う。また、翼には飛行能力がある。元々は二本で一対の角を持っていたが、夢の中で「光の鷹」に左の角を切り落とされて消失、以来、右の角が肥大化して一本角になった。』(Wikipediaより引用)



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
38ベルセルク関連のフィギュアを見る


スポンサーサイト

エイリアンの女王
クイーンエイリアン    119 122 97
Alien Queen
フィギュア…コトブキヤ・ワンコイン・シリーズ・AVP  "1/35"スケール
 CIMG0420_20080930013630.jpg
別名…エイリアンクイーン
分類…ゼノモーフ(Xenomorph)
生息年代…
体長…5~10m
体高…4.5m
Google image
Youtube
★Link(エイリアンの生態

CIMG0419.jpg

<特徴>

 映画「
エイリアン」シリーズに登場する架空の生物。 「エイリアン2」、「エイリアン4」、「エイリアンVSプレデター」に登場する。
 エイリアン・ウォーリアに比べてかなり大きいが、敏捷に動くことができる。腕は大小2組もっている。大きい方の手の指は6本、小さい方は5本ある。
 股間部分より、体長の数倍はある産卵管がのびている。
 背中からは長い棘が3対のびており、恐竜の骨のようなつくりの機動性に富んだしっぽが伸びる。
 膝下には獣脚類のような逆関節がついている。
 かかと部分がハイヒールのようになっているが、これは指が変化したものなのかどうかはわからない。かかとだとすると、人間より脚の関節が一つ多いことになる。
 イヌやネコの後ろ脚は一見、逆関節に見えるが、あれはカカトであってつま先で歩いているわけで、別に逆関節になっているわけではない。
 エイリアンクイーンの場合は、逆関節そのものである。
 
 「
クイーンの役割は主にエッグチェンバーの産卵である。高い運動能力を持つが、産卵の際は体を天井や柱に固定し、下腹部から巨大な産卵管を伸ばして産卵行動をひたすら続けるため、移動できなくなる。危急の際は自ら産卵管を切り離し機動性を回復するが、通常産卵状態にあるクイーンの防衛や餌の調達はエイリアン・ウォーリアーが行うようである。その際クイーンは、音声によるコミュニケーションでエイリアン・ウォーリアーに様々な指示を与えている描写がある。(中略)エイリアン・ウォーリアーが長期間単独で存命した場合、体器官に変態が生じクイーンへと変化して単独での繁殖行動が可能とされている。(Wikipedia)」
 「一体の女王体「エイリアン・クイーン」を中心に繁殖を行うが、クイーンが産む「卵」は寄生体を植え付ける為の中間体「フェイスハガー」を孵化させるもので、エイリアンそのものの幼体を発生させる役割は持っていない。(Wikipedia)」
 エイリアンの外郭は、宇宙空間においても耐えうるほど強靭だが、銃でも破壊できる程度には物理的に脆い。体液は強酸性で通常ではありえないくらい腐食速度が早い。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
<フィギュア>
 某中古品店で2000円で売られていた。

38楽天でエイリアンのフィギュアを調べる
38Amazonでエイリアンのフィギュアを見る

1億年後に登場する地球史上最大の陸棲動物 
トラトン   119 122 
toraton
フィギュア…フューチャー・イズ・ワイルド (イー・レヴォリューション)
CIMG9167.jpg
<データ>

分類…爬虫類
生息年代…1億年後
体長…12~18m
体高…7m
体重…120t
Google image
Youtube

<特徴>
 トラトンはドゥーガル・ディクソンの「フューチャーイズワイルド」に登場する巨大なカメ。生物誕生から現在から1億年後の間で史上最大の陸生動物である。
 リクガメが進化し、トラトンになった。今のところ最大の恐竜と言われる、推定体重100tのアルゼンティノサウルスを越える重さを誇る。
 一日に600kg以上の植物をたいらげる。その大きさゆえに成体は天敵が存在しないが、1億年後に訪れると言われる大量絶滅で死に絶える。
 恐竜、特に大型化がすすんだ竜脚類は、頸椎、胴椎に梁状構造やくぼみを発達させて骨の軽量化に成功させている。また気嚢システムにより、呼吸効率も大幅に向上させている。これらの条件が整っていたからこそ竜脚類は何十トンもの大型化ができたと言われている。
 今のリクガメが、1億年の間にこれと似たような、あるいはそれ以上のシステムを獲得できる(獲得しないと生き残れない)環境変化が訪れ、巨大化の準備を整えておかなければ竜脚類以上の巨体にはなれないだろう…。リクガメが史上最大動物になる道のりは遠そうだ。
  
 CIMG7473_picon000.jpg 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
<フィギュア>

38楽天でフューチャー・イズ・ワイルド関連の書籍・DVDを見る
38Amazonでフューチャーイズワイルド関連のDVD・書籍を見る


天空の覇者
リオレウス 119 122
Rioleus
フィギュア…Hi-Blitz ハピネット

リオレウス





<データ>
別名…雄火竜
分類…竜盤目 獣脚亜目 甲殻竜下目 飛竜上科 リオス科
体長…16m
体高…4.3m
体重…7t?
Google image
Youtube

<特徴>
 ゲームはほとんどしないし、モンスターハンター自体もよく知らないくせに、買ってしまったフィギュア。
 このような1/35スケールの巨大幻想生物のフィギュアはまず製造されないから、非常に貴重だ。
 
 このフィギュアが発売される少し前に『
モンスターハンター生態全書』が発売され、その時に1/100スケールのリオレウスを手に入れた。「こんな幻想生物の1/35スケール発売されないかなぁ」と思っていた矢先にこれが登場した。

 届いた時の箱の大きさにビックリだ。そして組立も、やたらはまりにくく、トゲが痛くて大苦戦だ。一度はめてしまえば、ある程度自由にポージングが可能。
 他の恐竜・動物フィギュアを並べてみると、その非現実的な威圧感がよく伝わる。ティラノサウルスのような体躯に、翼長20mの翼、アンキロサウルス以上の武装にステゴサウルスの数倍のトゲの尻尾。これで火を吐くわ、爪に毒があるって言うのだから、まさに戦闘のために生まれてきた生物である。
 もちろん現実にこんな生物は存在しえないのだが…。
 肉食動物なのに、体中に禍々しいまでの無数のトゲを備えている。生物は無駄な投資をしないと言われる。生きる上で最適で最低限の機能しか持たない。上位捕食者で、守備に重点を置いた動物がいないのがその理由である。
 また、数tもあろうかという巨体なのに、空も飛べる。史上最大の飛行動物は翼竜のケツァルコアトルスで体重が75kgだという。それでも鳥のように羽ばたいて飛べるわけではなく、風を利用した滑空が精いっぱいだと言われている。
 …などという自然界の掟を無視した、人間の想像で生み出される幻想動物は、その現実には存在しえない造形がとても非現実的な迫力と美を感じさせてくれる。


41リオレウスと現実動物の大きさを比較してみた

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 
38楽天でこのフィギュアを見る

リオレウスのフィギュアには今のところ以下のものがある。
 ★Hi-Blitz 大空の王者 リオレウス (ハピネット)約1/35~1/40スケール
 ★モンスターハンター モンスター生態全書Vol.1(エンターブレインムック)1/100スケール
 ★D.M.A.Series Vol.01 飛炎 火竜リオレウス (やまと)1/100スケール
 ★超造形魂 モンスターハンターポータブル (バンダイ)

雪山に群れる獣を統べる王
ドドブランゴ 119 122
フィギュア…モンスターハンター2(dos) モンスター生態全書VOL.2 (エンターブレインムック) 





<データ>
分類…牙獣種 尖爪目 堅歯亜目 鋭牙上科 ブランゴ科
全長…858cm (ブランゴは370cm)
全高…412cm (ブランゴは220cm)
Image
Youtube

<特徴>
 雪山を縄張りとしている牙獣種。小さい固体をブランゴ。大きい固体をドドブランゴといい、ブランゴを統率する主として君臨する。ブランゴの倍近い体躯を持ちながら、機敏さや跳躍力はブランゴを上回り、また力も桁違いに強い。咥内にも収まりきらないほどの巨大な牙が特徴で、これをなくすことは、すなわち王の失墜を意味するという。
 その身は純白の長毛に包まれていて、たてがみのような印象を与えるところから雪獅子という呼び名も付けられている。ドドブランゴは常にブランゴを従え、雪中を群れで行動し、狙った獲物を逃すことはほとんどないらしい。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。